Home > 治療法 > ケミカルシャペロン法

お問い合わせ

治療法

ケミカルシャペロン治療法

H30年度5月末日からファブリ病に対するケミカルシャペロン治療(ガラフォルド)が開始されました。

ケミカルシャペロン療法

本症に対するシャペロン療法は本邦では2018年より導入された。現在、1製剤(製品名:ガラフォルド)がある。ガラフォルドはファブリー病に対する経口剤である。ガラフォルドは国内で発見された低分子量のイミノ酸であり、ファブリー病でライソゾーム内に蓄積するスフィンゴ糖脂質の1つであるグロボトリアオシルセラミド(GL-3)の末端ガラクトースの類似体(アナログ)である。ガラフォルドは1回123mgを隔日経口投与となっている。また、ガラフォルドは反応性のある GLA 遺伝子変異を伴うファブリー病にのみ使用可能であるため、本剤の投与開始に先立って、患者の GLA 遺伝子変異のガラフォルドに対する反応性を確認する必要がある。

ファブリー病では GLA 遺伝子の変異によりα-ガラクトシダーゼA(α-Gal A)が不安定化し、GL-3などのスフィンゴ糖脂質がライソゾーム内に蓄積する。ガラフォルドはα-Gal Aの薬理学的シャペロンとして作用するため、不安定化したα-Gal Aに小胞体で選択的かつ可逆的に結合する。その結果、ライソゾームへの適切な輸送を促進する。ライソゾーム内では、ガラフォルドが解離することで遊離されたα-Gal Aによって蓄積したGL-3の分解作用を促す。

シャペロン療法の副作用

ガラフォルドの第V相試験で主に認められた副作用は、頭痛(10.4%)、下痢(7.8%)、浮動性めまい(5.2%)、悪心(5.2%)、錯感覚(5.2%)である。なお、頭痛が発現した12例中6例がガラフォルドの投薬開始から14日以内に発現した。ほとんどの頭痛が一時的で、重症度は軽度または中等度、投薬治療で管理可能であった。

シャペロン療法のエビデンス

ガラフォルドの第V相試験(ATTRACT試験、AT1001-012試験)では、日本人を含む酵素補充療法(ERT)実施中のファブリー病患者を対象に、ガラフォルドの有効性と安全性についてERTとの比較検討がなされた。その結果、主要評価項目であるeGFRCKD-EPI及びmGFRiohexolのベースラインから18 ヵ月までの年間変化量について、ガラフォルドはERTと同等であった。また、ガラフォルドの安全性プロファイルは良好であった。一方、ERT未実施のファブリー病患者を対象に行われた第V相試験(FACETS試験、AT1001-011試験)においても、良好な有効性と安全性が示された。これらの臨床試験の結果を踏まえ、ガラフォルドは2016年5月に欧州連合(EU)で初めて承認され、本邦では2018年3月に、米国では8月に承認された。

▲ページトップへ