2.副腎白質ジストロフィーの研究の現状と研究班の取組

H.ALDに対するその他の治療

ステロイドホルモンは副腎不全症状には有効ですが、神経症状に対しては無効です。

極長鎖脂肪酸の体内での合成を抑制することを目的に、オレイン酸(C18:1)、エルカ酸(C22:1)を4:1の割合で混じたもの(Lorenzo's oil)を1日30 ml 程度服用することが試みられています。これにより血清中のC26:0 は正常化します。しかしながら randomized controlled trial は行なわれておらず、治療効果についてevidence-based の結論は得られていません。Moser らはLorenzo's oil服用のコンプライアンスのよかった群と悪かった群を比較しその自然歴に関して現在のところ差を認めないと報告しています(1)。この報告も含め,現在の段階ではLorenzo's oilは"神経症状発症者に関して、発症した神経症状の進行を抑制する効果はない"とする考え方が強くなってきています(1-4)。未発症者の神経症状発症の予防効果やAMNから大脳型への進展の抑制効果については、肯定も否定もする根拠はありません。Lorenzo's oilは新潟大学で代理輸入をしていますので必要な方はお問い合わせ下さい。本治療法は血小板減少などの副作用を伴いますので、必ず医療機関の指導の元に行ってください。

他の治療法としてLovastatinや 4-phenylbutyrate などの薬剤が極長鎖脂肪酸を減じる効果があるとの報告があります(5-8)。しかし、臨床治験に向けての予備的検討や追試の報告がなされておらず、極長鎖脂肪酸を低下させる作用機序も明確でありません。このような状況から、Lovastatin, 4-phenylbutyrateについては、さらなる基礎的検討が必要であると考えられ、患者さんに使える段階ではないと考えています。
(小野寺 理、新潟大学脳研究所附属生命科学リソース研究センター)

文献

  1. Moser HW, Loes DJ, Melhem ER, Raymond GV, Bezman L, Cox CS, et al. X-Linked adrenoleukodystrophy: overview and prognosis as a function of age and brain magnetic resonance imaging abnormality. A study involving 372 patients. Neuropediatrics 2000;31(5):227-239.
  2. Restuccia D, Di Lazzaro V, Valeriani M, Oliviero A, Le Pera D, Barba C, et al. Neurophysiologic follow-up of long-term dietary treatment in adult-onset adrenoleukodystrophy. Neurology 1999;52(4):810-816.
  3. Moser HW. Treatment of X-linked adrenoleukodystrophy with Lorenzo's oil. J Neurol Neurosurg Psychiatry 1999;67(3):279-280.
  4. van Geel BM, Assies J, Haverkort EB, Koelman JH, Verbeeten B, Jr., Wanders RJ, et al. Progression of abnormalities in adrenomyeloneuropathy and neurologically asymptomatic X-linked adrenoleukodystrophy despite treatment with "Lorenzo's oil". J Neurol Neurosurg Psychiatry 1999;67(3):290-299.
  5. Pai GS, Khan M, Barbosa E, Key LL, Craver JR, Cure JK, et al. Lovastatin therapy for X-linked adrenoleukodystrophy: clinical and biochemical observations on 12 patients. Mol Genet Metab 2000;69(4):312-322.
  6. Singh I, Khan M, Key L, Pai S. Lovastatin for X-linked adrenoleukodystrophy. N Engl J Med 1998;339(10):702-703.
  7. Singh I, Pahan K, Khan M. Lovastatin and sodium phenylacetate normalize the levels of very long chain fatty acids in skin fibroblasts of X- adrenoleukodystrophy. FEBS Lett 1998;426(3):342-346.
  8. Kemp S, Wei HM, Lu JF, Braiterman LT, McGuinness MC, Moser AB, et al. Gene redundancy and pharmacological gene therapy: implications for X-linked adrenoleukodystrophy. Nat Med 1998;4(11):1261-1268.